読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我武者羅の法学徒

東京で一人暮らしを始めたひよっこ法学徒が、あちらこちらにぶつかります。

アイヒマンを追え、追い切れず。

先日、アイヒマンを追えを観てきました。

以下ネタバレがあるのでご注意を。

 

正直、うーんというのが感想。ストーリーにうまく馴染み込めないまま、映画が独りでに走って行ってしまった感じでした。

鑑賞後の1番の疑問は、ゲイの件いるのか??!です。

劇中にゲイが出てくるんですが、正直その男がいなくても話は進んでいたし、イマイチその男の存在意義というか…かつてはそういうジェンダーの差別が厳しかったことを伝えたかったのかもしれませんがあまりにも中途半端で何も伝わらなかった。

ゲイが巻き込まれて失職して何もかも失った話にしたかったんかと。

 

次にアイヒマンを捕まえようと奮闘する検事長。彼は、アイヒマンをドイツで裁きたいと主張するわけだが、確かにドイツで起きた罪をドイツで裁くことは悲惨な過去に国民が向き合う良い機会になるんだからという強い民主主義の信念を掲げている、様に見せるのが下手すぎる。というか無理がある。

検事長はユダヤ人だからナチス体制下では酷い目にあっている。それで戦後ドイツに帰ってきて執念深くナチの残党を探しまくってモサドにまで垂れ込めば、それってドイツのための正義じゃなくて私怨でしょ…、私怨にしか見えない。実際に私怨だったろうし、その感情は間違っていない。

歪んだ正義に見えて共感できなかった。

 

ザックリまとめるとテーマがわからなかった。故に盛り上がりきれない。前半ナチス体制下でのハウアーの艱難辛苦、後半復讐劇にした方がナチの悲惨さとか戦後ドイツに居座るナチ残党を駆逐しようとするのも納得ではないだろうか…。