読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我武者羅の法学徒

東京で一人暮らしを始めたひよっこ法学徒が、あちらこちらにぶつかります。

アイヒマンを追え、追い切れず。

先日、アイヒマンを追えを観てきました。

以下ネタバレがあるのでご注意を。

 

正直、うーんというのが感想。ストーリーにうまく馴染み込めないまま、映画が独りでに走って行ってしまった感じでした。

鑑賞後の1番の疑問は、ゲイの件いるのか??!です。

劇中にゲイが出てくるんですが、正直その男がいなくても話は進んでいたし、イマイチその男の存在意義というか…かつてはそういうジェンダーの差別が厳しかったことを伝えたかったのかもしれませんがあまりにも中途半端で何も伝わらなかった。

ゲイが巻き込まれて失職して何もかも失った話にしたかったんかと。

 

次にアイヒマンを捕まえようと奮闘する検事長。彼は、アイヒマンをドイツで裁きたいと主張するわけだが、確かにドイツで起きた罪をドイツで裁くことは悲惨な過去に国民が向き合う良い機会になるんだからという強い民主主義の信念を掲げている、様に見せるのが下手すぎる。というか無理がある。

検事長はユダヤ人だからナチス体制下では酷い目にあっている。それで戦後ドイツに帰ってきて執念深くナチの残党を探しまくってモサドにまで垂れ込めば、それってドイツのための正義じゃなくて私怨でしょ…、私怨にしか見えない。実際に私怨だったろうし、その感情は間違っていない。

歪んだ正義に見えて共感できなかった。

 

ザックリまとめるとテーマがわからなかった。故に盛り上がりきれない。前半ナチス体制下でのハウアーの艱難辛苦、後半復讐劇にした方がナチの悲惨さとか戦後ドイツに居座るナチ残党を駆逐しようとするのも納得ではないだろうか…。

この世界の片隅に

ネタバレがあるので注意して下さいっ!

 

こちらに来てから、僕の精神年齢が上がったのか、映画を観に行く機会が増えた。

 

とは言えその嗜好はめっちゃ偏っており…、正直戦争モノ、特にナチスドイツがテーマのものばかり見ている。

当然だがナチス支持者では勿論ない。

 

そんな中、先日この世界の片隅に、を観に行った。そもそもアニメは映画館で観ない変な主義があるから、と言っても君の名は、は観に言ってるんだけども、案の定よくわからなかったけども、母親に誘われた時はやや抵抗があったが…いざ観たら深い…。

 

太平洋戦争からその終わりくらいまでの、呉に嫁いだ女の子を中心に物語が進んで行くわけだが、戦争モノって特に僕が観ているやつは暗殺だとか決起だとか、血生臭いものばかりだった。軍のお偉いさんとかが出て来て、上層部でゴチャゴチャしたり…とりあえずストーリーを動かすのは戦場で非現実な空間が描かれている。まぁそれ故いつもと違うワクワク感とか死を直前にして映し出される人物の人生観に感動させられたりするのが良いのだけれど。

しかし、この世界の片隅に、は本当にほんっっとうに世界の片隅で、目まぐるしく展開されて行く戦争に知らぬ間に制限されているのだけれど、それにも気づかず、その日その日を生きる、と言ってもその生は花火のように華やかじゃないし激しくもないけど、でも確かに、まるで踏まれても踏まれてもなんともない顔で生え続けるオオバコのような…そんな小さな日常を描き出し、戦争の影を描写している。

 

戦争だとか言うと随分物騒なわけだけれど、結局その大舞台で暴れているのは極一部で、物質的精神的な戦争の抑圧はあるものの、世界の片隅に生きる、僕らのような存在はそこまでそもそも興味がないのかも知れない。

数々の苦難が主人公を襲うわけだが、難しいことは考えなくていい。ありのままの現実をするする過ごす主人公の姿は、なかなかに考えさせられる。

強く生きるってなんなんだ、生きる意味とは。

戦争って、平和とは何か。

こういう難しい問いに正面からぶつからなくても、その壁を乗り越えられなくても、構わない。ただ目前の生活を送る。それだけ。

 

そんな生き方が羨ましいと思う。

僕も彼女のようにただ生きて、ただ死にたい。

好きじゃない

今週のお題「恋バナ」

 

なるほど、ありふれたテーマだけど今までもこれからも尽きることなく様々な形で人間を喜ばせたり、ドン底に突き落とし、歴史を刻んで行くのだろう、恋愛というのは!

 

一生涯かけても語り尽くせぬ…全貌が見えぬ…なんとも憎いヤツである。

 

ところで僕も、勉強一色の高校時代を経て大学デビューほどの華々しさとは無縁だったものの、趣味をきっかけに恋人ができた。

 

大学に入学して2年。急にそういう状態に晒されて、もう僕の気持ちのほとんどは恋人に…、そんな松岡修造さんのような、情熱的な感情が昂り、もっと、もっと触れたい…一緒にいたい…と強く願う時期もあった。

側にいるだけで幸せとか強くなれるとかそういう類の恋愛酩酊状態である。

 

過去形なのは馴れ初めのそんな強い感情が落ち着いたからで、勿論冷めたわけではない。今でも毎日、自分の気持ちを伝えてる…つもりである。

 

しかし最近、

本当に相手が好きなのか?

相手に好きという行為が自己暗示になってないか?

じゃあ相手の何が好きなの?

という疑問が脳裏を過ぎり、僕の好きは、相手への愛ではなく、誰かを愛する立場にある自分への愛、あるいは恋愛を媒介とした自己承認欲求にすぎないのではと思い始めた。

 

考え始めると止まらない。結婚まで考えてしまう。相手のやなとこも浮かぶ…。

挙句には相手と付き合うメリットとか、考え始めてしまう。

誰かに好かれるだけでも十分恵まれていて幸せだろうに。人間は強欲である…。

 

僕のゆらゆら、漂流じみた感情とは裏腹に僕らの会話は流れて行く。他愛もない会話。

画面に映る恋人らしい会話に潜むのはこの会話意味あるのか、という現実から一歩引いた冷たい感情、だと思っていた。

 

しかし、ここで。好きとか恋愛とか大した経験もないくせに悶々考えていた僕に、衝撃波が。

 

会話の流れで、好きじゃない、と言われた。

勿論冗談だが、嫌いではなく好きじゃない。

 

好きじゃない…

 

グッサリ心臓に来た。自分がどれだけ相手を好きで、相手に好かれたいのかわかった。

そこに秘められたあなたに興味がないという意思表示が、冗談であっても僕に強くのしかかる。

同時にちゃっかり恋愛を楽しんでる自分に気がつく。

 

これからも相手を大事にしよう。

 

もし別れることになってしまったらその時は、しっかり嫌いになってもらうんだ。

 

ご拝読、有難うございました。